ハッピーフェイスゴー (顔面騎乗クンニ)

気持ちいい顔面騎乗クンニで Happy facesitting

SMクラブでの恐ろしい体験① – 恐すぎる店

SMクラブでの恐ろしい体験① – 恐すぎる店

SMクラブでの恐ろしい体験① – 恐すぎる店

実は東京でSMクラブ活動を始めて間もない頃(90年代半ば)、恐い思いをしたことがありました。池袋のMというクラブに行ったときのことです。

 

池袋北口にほど近いビルの一室に受付がある、とのことで、そのビルに行ってみました。

 

エレベータを降りて廊下に出ると、蛍光灯の白い光の中、何もないがらんとした通路。何やら寒々とした雰囲気の中、事務所に入りました。

 

すると、長テーブルの真ん中にゴツいおじさんがドンッ!と座っており、その両サイドにこれまた超いかつい金剛力士像みたいなおじさんがひとりずつ立っている。で、3人ともえらい形相でこちらをにらみつけています。

 

「ううっ、どうしよう・・・」と思いましたが、事務所に入ってしまったので、もはや手遅れ。やむなく促されるまま椅子に座り、システムの説明を受け、所定の料金を払います。

 

説明はまあ普通に丁寧でしたが、3人のおじさんたちは終始にこりともしない。とにかくコワ過ぎっ!

 

広告では「アルバムで女性を選んで・・・」と書いてましたが、アルバムなんてどこにも見当たらない。そのまま同じビル内のプレイルームに移動するよう言われました。

 

「アルバムは?」と聞ける雰囲気は微塵もありません。私はすごすごとその場を退散して、別の階のプレイルームに向かいます。

 

ルームに入ると、すでに女王様は待機していました。女王様というよりも、やさぐれた風情のおばさんがタバコをふかしながら椅子に座っていたのです。私は泣き出したくなりました・・・。

 

その後のプレイはほとんど記憶にありませんが、まあ通り一遍のどうでもいいSMプレイだったと思います。

 

プレイルームを後にして、エレベータを待つ私。これ以上にない虚しさを感じていました。

 

「俺は一体、何をやっているんだろう?」

 

打ちひしがれているところにエレベータのドアが開いたので、乗り込もうとした次の瞬間、全身が凍り付きます。

 

↓次回へ続く↓