ハッピーフェイスゴー (顔面騎乗クンニ)

気持ちいい顔面騎乗クンニで Happy facesitting

顔面騎乗を撮影す① – 自分の顔騎を見たい!

顔面騎乗を撮影す① - 自分の顔騎を見たい!

顔面騎乗を撮影す① – 自分の顔騎を見たい!

このブログのプレイシーンや、前回の「顔面騎乗メディアの変遷⑪ – 小規模制作者による作品群」に掲載した顔面騎乗シーンは、いずれも私のオリジナル画像。つまり自分が女性に座られているシーンを自らカメラに収めた写真です。

 

顔面騎乗の難点は、自分が顔に座られている姿を自分自身で見ることができないこと。股間で顔を塞がれているので、ま、当然と言えば当然ですな。

 

壁が鏡張りのルームの場合、女性は顔に座る自分の姿を見て「わー映ってる~」などと楽しんでますが、私はそれを見ることができない。顔の上のお尻をどけて鏡に目を向けると、その時点で顔面騎乗状態でなくなる、という致命的な欠陥があるんです。

 

どうにかして自分が顔面騎乗されているシーンを見たかった私は「いっそのこと手のひらに目がついていればよかったのに・・・」などと突拍子もないことをプレイの最中に妄想するほどでした。

 

そんな悩みを解消できる唯一の手段が自分のプレイを撮影すること。私はいつしか自分のプレイをカメラに収めるようになります。

 

初めて撮影したのは、もう十年以上前。行きつけのSMクラブで、プレイ後の雑談中に「自分が顔面騎乗されてるシーンをなんとかして見たい」と熱弁していると、相手の女性から「じゃデジカメで撮ってみたら?」という言葉が飛び出してきました。

 

私は思わぬ申し出に戸惑う一方で、自分の顔騎シーンが見れる(かも?)という期待に胸を膨らませながら、デジカメ持参でそのクラブを再訪。そして初めて自分のプレイをカメラに収めました。

 

顔に座られて何も見えない状態の中、自分の顔のあたりにレンズを向けてカメラを握り、やみくもにシャッターを押します。

 

そうして何枚か撮ってみたのですが、写った画像を見るとどれもこれも見事にあさっての方向を向いてるものばかり。たまに顔を塞ぐお尻がドンピシャで写っている写真もありましたが、すべて超ドアップでした。

 

結局このときは、想像していたような美しい顔面騎乗の構図をカメラに収めることはできなかったんです。

 

↓次回へ続く↓