ハッピーフェイスゴー (顔面騎乗クンニ)

気持ちいい顔面騎乗クンニで Happy facesitting

グラマラスな女性との官能体験⑥ – 唐突な一言

グラマラスな女性との官能体験⑥ - 唐突な一言

グラマラスな女性との官能体験⑥ – 唐突な一言

前回からの続き

 

いよいよ下着をとって直接顔に座ります。恵理子さんは自らの股間に手をやり、ボディスーツのクロッチのホックをパチンパチンとはずしました。そしてあらわになった股間を大きく開き、上からゆっくりと私の顔に近づけます。

 

彼女の大事な部分はすでに大洪水ともいえる状態。私の鼻は中心部にぴったりと収まり、膣口の内側の壁を刺激します。そして舌をアナル手前あたりにチロチロ這わせながら、たまにアソコの奥深くまで挿入して、いたずらを楽しみます。

 

お次は恵理子さんにうつ伏せで足を開いてもらい、後ろからお尻に顔を埋め、鼻と唇で股間全体を味わいつくします。

 

暑くなってきたのでしょうか?彼女はとうとうボディスーツを脱いで全裸になってしまいました。そして自分から私の顔に座り直し、激しく声を上げています。

 

ついに体を支えきれなくなったのかベッドに仰向けに横たわってしまいました。私は恵理子さんの足をつかんで大きく開き、股間に顔を埋めて引き続き大事な箇所を舌と唇で刺激します。彼女の脚が私の頭に絡みつくような状態のまま、私は恵理子さんのクリトリスを一定のリズムで丁寧に舐め続けます。

 

そうしているときに、彼女は唐突に言葉を口にしました。

 

「入れてみたくない?・・・。」

 

私はクンニを中断し、思わず「へ?」と聞き返します。

 

すると恵理子さんはもう一度「入れてみたくない?」と一言つぶやく。

 

それを聞いて、はたと考え込んでしまう私。すでに述べた通り、これまで自分は顔面騎乗とSEXを分けて考えていたので、顔面騎乗プレイ中にインサートするという発想は持ちあわせていませんでした。

 

かといって別にSEXが嫌いなわけでもない。恵理子さんのような魅惑的な女性なら、もちろんしてみたいに決まってます!

 

そう思った瞬間、即座に思考を切り替えて「うん、入れてみたいです」と答えます。

 

すると恵理子さんは四つん這いになり、私の目の前に黙ってお尻をつきだします。私はそそくさとコンドームを着けてから、そのお尻を両手で抱えて後ろからズブリ。

 

そしてゆっくりと腰を動かします。恵理子さんはもはや完全なるSEXモードで声を張り上げています。私もその様子につられ、腰の動きを早めてついにフィニッシュ!・・・。

 

↓次回へ続く↓