ハッピーフェイスゴー (顔面騎乗クンニ)

気持ちいい顔面騎乗クンニで Happy facesitting

クラブEに夢中② – その際立った素晴らしさ

クラブEに夢中② – その際立った素晴らしさ

クラブEに夢中② – その際立った素晴らしさ

前回からの続き

 

プレイ時間いっぱい、存分に顔面騎乗してくれたクラブEの里緒さん。この時のプレイは、いくつかの点で私にとってこれまでと大きく異なるものでした。

 

1つは、受付の心地良さ。

 

それまでは受付店員のぞんざいな態度に不快な思いをすることが多く、たまには怖い思いをすることもあったのですが、この店の受付男性は非常に好印象でした。

 

ソフトですが丁寧すぎることもなく、ごく自然体でやりとりできます。これは気持ちよいプレイをするにはとても重要です。

 

2つめは、プレイ前の女王様との会話が心地よかったこと。

 

通常、プレイ前に内容の確認をするのですが、SMクラブでは大体この時点から女王様モードです。

 

「何っ? 顔面騎乗? それってご褒美でしょ! ローソクはできないの? アナルもダメなの? 何よそれ。何しに来てるの? あなた」

 

・・・みたいな感じで、いつも詰問される。

 

私がSMクラブに似つかわしくない若造だったからかもしれません。

 

「俺は一応客なんだぞー。お金も払ってんだぞー」と言いたいところでしたが、そんな言い分は全く通用しません。

 

結局、不機嫌な女王様に「何しに来たの?」と言われてシュンとなる私。間違っても「顔面騎乗?オッケー!じゃあたくさん座ってあげる」と言われることはなかったのです。

 

ところがクラブEの里緒さんは、女王様らしく堂々としてはいるものの、フレンドリーかつ丁寧な応対です。

 

プレイ前の打ち合わせではなんと「私も顔面騎乗好きなんだ。いっぱいやろうね。」と言ってくれたんです。(プレイ前は正直「ホンマかいな」と思ってましたが、ホンマでしたわ。)

 

3つめは、プレイ内容そのものです。それまでクラブでは短時間かつ中途半端でぞんざいな顔面騎乗に落胆することが多かったんです。

 

一方里緒さんはというと、私の意を汲んで時間いっぱい顔面騎乗をしてくれました。女性らしい柔らかい感触や甘くさわやかな香りを時間いっぱい堪能することができました。

 

2年のブランクを破ったこのプレイに私はすっかりハマってしまい、その後このクラブEにせっせと通い詰めることになったのです。