ハッピーフェイスゴー (顔面騎乗クンニ)

気持ちいい顔面騎乗クンニで Happy facesitting

パートナーとの良い出会い方② – SM掲示板を試す

パートナーとの良い出会い方② – SM掲示板を試す

パートナーとの良い出会い方② – SM掲示板を試す

前回からの続き

 

ネットが普及し始めた90年代後半、私はSMクラブのサイトを見つけては、プレイ内容を問い合わせるメールを送っていました。

 

顔面騎乗プレイに消極的なクラブに足を運んで無駄足を踏みたくなかったので、事前にプレイ内容を確認していたわけです。まだネットが普及途上にあったためか、どの店からも割とすんなりメールの返信をもらえました。

 

で、ある時六本木のSMクラブのサイトに「ご挨拶とか言葉責めなしで、顔面騎乗中心のプレイは可能ですか?」と質問メールを送ります。

 

すると戻ってきた返事というのが「実はこのアドレスは私の個人メールです。そんなプレイなら店じゃなくて私が直接やりますよ〜」といったもの。

 

そのメールの差出人はどうやら店の所属女性のようでした。私の顔面騎乗への強い思い入れに一肌脱いでやろうと思ったのか、店の説明はそっちのけで「こんなプレイやあんなプレイはどう?」とプレイの提案までしてくれました。

 

結局その女性と会うことはなかったのですが、この時の経験は「ネットで顔面騎乗パートナーに出会えるかもしれない」という可能性を感じさせるものでした。

 

この出来事をきっかけに、私はネットでのさまざまな出会いツールの試行錯誤を始めます。

 

顔面騎乗なので、まずはSM系の出会い掲示板にトライ。Sっ気のある一般女性なら顔面騎乗を理解しているはずだから、話は早いだろうという安直な考えからです。

 

早速「顔面騎乗パートナー募集」と書き込んで女性からのメールを待ちます。ところが何日経っても音沙汰ありません。

 

待っていてもしょうがないので、パートナー(M男性)を募集している女性にこちらからアプローチします。でも返事は芳しいものではありませんでした。

 

結局はSMクラブで言われたのと同じこと、つまり「鞭やローソクやアナルはできないの?」みたいなことを聞かれ、ノーと答えるとそれっきり。

 

やはり顔面騎乗しかできない自分がSM掲示板でパートナーを見つけるのは、現実的ではありませんでした。

 

↓次回へ続く↓