ハッピーフェイスゴー (顔面騎乗クンニ)

気持ちいい顔面騎乗クンニで Happy facesitting

パートナーとの良い出会い方① – 一般女性に座られたい!

パートナーとの良い出会い方① – 一般女性に座られたい!

パートナーとの良い出会い方① – 一般女性に座られたい!

私の顔面騎乗パートナーはネットで知り合った人やM性感など風俗店の女性です。

 

自分の彼女や知り合いの女性など、同じ日常を送る人と顔面騎乗プレイをすることは絶対にありません。秘密の欲望を知られたくないから。

 

かつては見知らぬ女性と出会ってプレイをすることはまず無理でしたので、顔面騎乗はもっぱらSMクラブで行うものでした。

 

ネットが現れる前にもテレクラやダイヤルQ2(懐かしい・・・)など、見知らぬ男女が出会う手段はありましたし、街中や飲み屋でのナンパも行われていました。

 

でもそんな手段で顔面騎乗というピンポイントなフェチプレイのパートナーを見つけるのは、全くもって現実的ではなかったのです。

 

それがネットの出現により出会いの手段が格段に広がったことで、状況が変わりました。

 

出会い系サイトなど、大半はいわゆるセフレを求めるものでしたが、中にはSMプレイやフェチプレイのパートナーを求める掲示板も現れてきました。

 

ネットが普及しつつあった90年半ば頃というのは、私にとってSMクラブでひどい目に遭ってばかりの、辟易としていた時期です。(タグ「06.SMクラブ初体験〜試行錯誤等」 )

 

だから私は、SMクラブの女王様ではない、一般女性とのプレイを強く望んでいました。

 

「もしかするとネットを使えば顔面騎乗してくれる一般の女性と出会えるかもしれない・・・」そんな期待を抱き、ネットの出会いを試してみようと考える私。

 

その一方で、メールのやり取りだけで出会うことへの不安もありました。

 

実は過去にダイヤルQ2で何人かの女性に会ったことがあります。この場合、電話を通じて相手の声を聞き、直接言葉を交わしてから会うので、まだしも安心感がありました。

 

ところがネットだと、姿も見えず声も聴けず、という相手に会うのです。そんな出会いはそれまで未経験だったので、当初はかなり不安でした。

 

でも、「SMクラブの女王様でない一般の女性と出会い、顔面騎乗を理解してもらったうえでプレイをしたい。それにはネットでの出会いしか方法がない」という強い確信がありました。

 

ならばもう、これは試すほかありません。

 

↓次回へ続く↓