ハッピーフェイスゴー (顔面騎乗クンニ)

気持ちいい顔面騎乗クンニで Happy facesitting

風俗店での顔面騎乗① – 孤独でストイックなクラブ活動

風俗店での顔面騎乗① – 孤独でストイックなクラブ活動

風俗店での顔面騎乗① – 孤独でストイックなクラブ活動

前回までは、自分のサイトを通じたプライベートな顔面騎乗パートナーとの出会いについて記しました。一転して今回からは、SMクラブなど風俗店でのプレイについて書いてみます。

 

これまで述べてきたように、私の顔面騎乗体験はSMクラブでスタートしました。

 

クラブに通い始めた目的は、SMプレイをすることではなく、念願の顔面騎乗を体験するためにほかなりません。

 

だからその他の業態、例えばソープランドやヘルス、ピンサロなど、顔面騎乗がプレイメニューにない風俗店にはまるで興味がありませんでした。

 

SMクラブでは、通い初めの頃、なぜかきちんと顔に座ってもらえなかったり、望まないSMプレイ(女王様へのご挨拶とか言葉責めとか鞭とかローソクとかアナルとか)を強要されたり、と随分ひどい目に遭いました。それでも私はソープやヘルスに鞍替えしようと思ったことは一度もなかった。

 

どんなにひどい目に遭っても、自分が納得できる顔面騎乗体験を求めてストイックにSMクラブへ通い続けたのです。

 

また、SMクラブには必ずひとりで出かけます。

 

女性に顔に座られたいという願望は、自分の彼女はおろか男同士の友人たちにも絶対に知られたくない。だから私のSMクラブ活動は完全に単独行動でした。

 

だいたい「今日、ちょっとSMクラブに行かない?」と、友達を誘って「おっ、イイねー。行こ行こ!」となるわけがありません。

 

そういうわけで顔面騎乗に関わる活動は、昔も今も決して誰にも知られることのないよう常に単独行動に徹しています。

 

まさに孤独でストイックなクラブ活動でした。

 

↓次回へ続く↓