ハッピーフェイスゴー (顔面騎乗クンニ)

気持ちいい顔面騎乗クンニで Happy facesitting

顔面騎乗好きが恥ずかしい(でも体験したい!)

顔面騎乗好きが恥ずかしい(でも体験したい!)

顔面騎乗好きが恥ずかしい(でも体験したい!)

ネットが無い時代、顔面騎乗シーンを見つけるのは困難を極めていました。

 

SM雑誌の中で、ちょこーっとだけ顔(の周辺)にお尻を乗っけている中途半端な写真を見つけるまでに、おそろしげなSMシーンを延々と見せられるハメになるのです。

 

おかげで私はすっかりSMぎらいになってしまいました。

 

でも顔面騎乗シーンを求める気持ちが止むことはありません。結局はSM雑誌や写真集にいやいやながら手が伸びてしまいます。

 

その葛藤を繰り返す中で、私は顔面騎乗のとりこになっている自分への罪悪感を深めていきました。

 

「そもそも女の人に顔に座られたいって何だよ! そのヘンテコリンな欲望は? それって変態じゃないか? 俺のバカーッ!」と、ひとり思い悩んで苦しんできたのです。

 

SMが好きならまだしも良かった。SM雑誌やビデオは世にあふれていましたので、同好の仲間は少なくないでしょう。それなりに所属感を持てたかもしれません。

 

ところが私は顔面騎乗だけピンポイントで大好き、それ以外のSM要素はほとんど無理っ!という体たらく。それだとあまりにも中途半端で身の置き場がありません。

 

「だったら顔面騎乗が好きではなく、もっと普通の性癖でいいじゃないか! なんでそんなに中途半端なの? 俺のバカーッ!」

 

自分はノーマル世界とSM世界のいずれに属することもできない。まるでコウモリのような孤独な存在と思えました。

 

今思えば大げさですが、当時は世界の中で自分ひとりが変態、自分以外は皆(ある意味)ノーマル、と本気で思っていたのです。

 

ですから当時付き合っていた彼女にも「顔に座って欲しい」なんて、口が裂けても言えなかった。

 

言えば間違いなくドン引きされて、ソッコーで振られる、と頑なに信じていたのです。

 

でも、だからこそ顔面騎乗を求める気持ちは強烈にかき立てられるばかりでした。どうしても体験したい!

 

「結局、顔面騎乗を体験するにはSMクラブに行くしかないんだろうなー。でも行くと鞭とかローソクとかやられるんだろうなー。それはいやだな~」

 

そんなことをぐるぐると考えるばかりでした。