ハッピーフェイスゴー (顔面騎乗クンニ)

気持ちいい顔面騎乗クンニで Happy facesitting

世の中から排除される顔面騎乗

世の中から排除される顔面騎乗

世の中から排除される顔面騎乗

大学に進学してからは、親元を離れ一人暮らしを始めました。

 

18歳を過ぎたので、ようやく堂々と顔面騎乗関連資料(というかオナニーのオカズ)探しができます。

 

私は大学生らしく普通に彼女を作り、SEXの体験を重ねながらも、裏では密かにオカズ探しに精を出してました。

 

今ならネットで検索すれば顔面騎乗画像なんて簡単に手に入りますが、当時はネットが無い時代。今では想像もできないほどオカズ探しは難航を極めました。

 

まずはSM雑誌にあたってみるのですが、新刊は高くて買えないので主戦場は古本屋。

 

その手のアダルト本は古本でもビニール袋に封入して売られていたので、表紙を吟味して選ぶしかありません。

 

古本といっても一冊千円以上します。ハズレを引かないよう表紙を入念にチェックして購入。

 

そうして厳選した古本のSM雑誌を持ち帰り、わくわくしながら開く。そしてページを進めるうちに落胆の度合いを深めて終わる、というのがいつものパターンでした。

 

まあとにかく!ほぼ毎回収穫はありません。

 

そもそもSM雑誌の中身は8割がた男S・女Mのコンテンツ。女性が何やら芸術的な亀甲縛りで吊るされているようなシーンが延々と続くのです。

 

ようやくM男モノが出てきたゾ!と思ったら、裸のおじさんが寒々とした部屋で首輪につながれ檻の中に入れられていたり、エナメルのボンデージを着た女王様に踏んづけられていたり・・・。見るも無残なトホホ画像ばかり。

 

どれもこれも私には何が楽しいんだかさっぱりわかりませんでした。

 

ごくごくたま〜に顔面騎乗シーンを見つけるのですが、これがまたパッとしない。

 

どういうわけか、顔全体ではなく、ひたいやあごのあたりにちょこんと座った中途半端なものばかり。それを見た私は、

 

「コラーッ、女王様っ! 奴隷の顔の上にきちんと座りなさーいっ!コノヤロコノヤローッ!」

 

・・・と、いつもひとりで憤慨してました。

 

貧乏学生だった私は「一体全体いくらつぎ込んだら、ちゃんとした顔面騎乗シーンを拝むことができるんだ!」と憤懣やるかたない日々。

 

私にしてみれば「SM業界関係者の陰謀で、きちんと顔に座った顔面騎乗の画像が世の中から周到に排除されているんじゃなかろうか?」と妄想するほどでした。

 

このように、顔面騎乗シーンを全く見つけられない状況が、かえって私の欲望を猛烈に駆り立てたのです。